公営ギャンブルからネットカジノに移行する際に知っておくべき事

公営ギャンブルからネットカジノに移行する際に知っておくべき事
競馬やオートレースなどシビアなレースの中に、様々な人間ドラマが垣間見える公営ギャンブルは独特の魅力があり長年に渡って愛されていますが、日本でも人気を集めているネットカジノに興味がある方も増えているようです。
ネットカジノの魅力はなんといっても高いペイアウト率と勝ちやすさ、そして時間を選ばずにいつでも遊べるという気軽さも人気の理由です。
しかし完全に合法な公営ギャンブルと違い、ネットカジノはグレーゾーンとなっており、勘違いや知識不足によってトラブルに巻き込まれる可能性も少なからずあります。
ここでは、公営ギャンブルからネットカジノに移行する際に知っておくべきことを解説していくので、ぜひ参考にしてください。
正しい知識を身に着けてネットカジノを満喫しましょう。

違法ネットカジノの存在

ネットで検索すると多数のネットカジノがヒットしますが、すべてのネットカジノが合法というわけではなく、中には危険な違法ネットカジノも存在します。
公営ギャンブルではちょっと考えられないことですが、世界の様々な国を拠点に運営されているのがネットカジノで、ライセンスを所持しているところは一定のルールに従って運営されており安全が確保されているのです。
違法ネットカジノはこのようなライセンスを所持せずに営業しており、不正行為やイカサマが横行したり、個人情報を流出されたりと様々なリスクがあります。
ネットカジノを選ぶ際は、ネットの匿名掲示板などを使って実際のプレイヤーの評判を聞くこともきっと役に立つでしょう。
リスクのある違法ネットカジノを避けるためにも、登録するネットカジノを選ぶときは、日本でも名前が知られている大手のベラジョンカジノやカジ旅、ジパングカジノなどから選ぶようにしてください。

店舗型のインカジ店は完全に違法

店舗型のインカジ店は完全に違法

インカジ店とは設置してあるパソコンでネットカジノが遊べる店舗のことで、コンピュータカジノなどと呼ばれることもありますが、完全に賭博法に抵触し違法営業で摘発の対象になります。
摘発はインカジ店の運用者だけでなく、遊んでいた客も対象になるので注意が必要です。
仮によく分からず店舗に足を踏み入れただけだとしても、摘発のときに居合わせれば逮捕されてしまう可能性もあります。
インカジ店は店内でお金支払ってネットカジノを遊び、勝ったら勝利金を貰えるというシステムで、ネットカジノに登録しなくても遊べますが、日本では店舗を構えるカジノの運営は禁止されているのです。
なかには合法のアミューズメントカジノを偽装して営業しているインカジ店もあるので、間違って入らないよう注意しましょう。

ネットカジノからの収入は確定申告が必要

ネットカジノで勝って得た収入は、確定申告が必要なのをご存知でしょうか?
ネットカジノによって得た収入は年間で50万円以上になると、一時所得として納税しなければならないのです。
当然ですがほかの税金と同じように支払いを無視していると、重加算税が課せられたりするので注意が必要です。
キチンと納税しないと、せっかくギャンブルで勝っても全部税金で持って行かれることになりかねません。
実は公営ギャンブルの場合も確定申告が必要なのですが、ネットカジノとの大きな違いは現金か銀行座への振込かという違いです。
つまりネットカジノからの収入はすべて記録が残っているので、言い逃れが出来ない仕組みになっているのです。

厳しい出金条件の存在

厳しい出金条件の存在

勝てばすぐに勝利金を現金で受け取れる公営ギャンブルとは違い、ネットカジノにはセキュリティの観点から少し面倒な出金条件というルールが課せられます。
これは主にマネーロンダリング対策で、具体的には100ドルを入金した場合、これと同じ金額をゲームで使うことで初めて出金が可能となります。
ボーナスを獲得したときは、別の出金条件が課せられさらに複雑になります。
アカウントを登録したときや、初めて入金した際に貰えるのがボーナスで、実際にゲームで使うことができネットカジノ内の扱いは実際に入金したお金と同じです。
しかし入金した金額の出金条件が等倍なのに対し、ボーナスの場合は20~60倍となっており、すぐには出金できないようになっています。
もしこのような条件な面倒な場合は、ボーナスの受け取りを拒否することもできるので、よく考えてからボーナスを受け取りましょう。

まとめ

公営ギャンブルからネットカジノに移行する際に知っておくべきことを解説してきましたが、参考になりましたか?
ネット上には多数のネットカジノがありますが、すべてが合法というわけではなく、中には危険な違法ネットカジノも存在しますので注意してください。
店舗でネットカジノを遊ばせるインカジ店は完全に違法で、運用者だけでなく客も摘発の対象になるので注意が必要です。
またネットカジノからの収入は年間で50万円以上になると、一時所得として納税する義務が発生するので確定申告を忘れないでください。
ネットカジノには出金条件があり、勝利金をすぐに出金できないこともあるので注意しましょう。
ネットカジノ選びに関しては、初心者はカジ旅やベラジョンカジノのような大手に登録すれば安全にギャンブルを楽しむことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。